子供 包茎

子供の包茎と施術について

子供の包茎と施術について

子どもの包茎について気にする親御さんも多いようです。
特に、お母さんの方が心配をしてしまって、包茎手術をして下さいと言ったように病院にくることもあるそうです。
しかし、子どもの頃には包茎であって当たり前です。
男性は生まれた時は、全員包茎の状態で生まれてくることになります。
仮に、亀頭部分が包皮で覆われていないお子さんがいるのであれば、先天的な異常がある可能性が高くなってしまいますので、泌尿器科などで診察をして貰うと良いでしょう。
基本的に、第二次性徴を迎えることで、子どもから大人の身体へと変化していくのですが、陰茎もまたこの時期に成長していくことになります。
包茎であったとしても、第二次性徴で成長していくことになりますので、自然と亀頭が露出するようになってきます。
また、日本人の場合、6割の男性が仮性包茎であると言ったことも忘れないようにしておくと良いでしょう。
つまり、子どもの頃から包茎手術をするような必要はないと言えます。
しかし、近年では一部の包茎治療クリニックなどで、親の同意があれば手術をするといったようになってきました。
ただし、上でも書いたように子どもの場合は、成長とともに陰茎も成長していきますので、必ずしも包茎になると言ったことはありません。
その点もしっかりと加味して、子ども包茎について考えておくと良いでしょう。
基本的には、未成年の場合ですと一部の例を除いて、包茎手術をする必要はないと言えます。
一部の例とは、カントン包茎で亀頭や陰茎をしめつけてしまっているようなケースのことです。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ