包茎 原因

包茎の原因とは

包茎の原因とは

男性は生まれてきた時には、全員が包茎で生まれてきます。
身体が成長していくのに伴って、陰茎も成長していき露茎へと変わっていくとされています。
では、どうして包茎になってしまうのでしょうか?
包茎の原因としては、包茎のタイプによって異なってくるとされています。
包茎のタイプとして日本人に最も多いのが仮性包茎です。
仮性包茎は平常時では、亀頭の一部が露出、もしくは包皮が被さっていても手で簡単に包皮をむいて亀頭を露出させることができるタイプの包茎です。
一般的には、勃起をすると自然に露茎すると考えられていますが、勃起をしたとしても亀頭の一部が包皮に覆われたままだと言うような方もいらっしゃいます。
仮性包茎の原因としては、包皮の全長が平常時、または、勃起時の陰茎よりも長いと言うことだとされています。
真性包茎とはあ平常時でも勃起時でも完全に亀頭が露出しないタイプの包茎で、手で包皮をむくことも困難な包茎のことです。
真性包茎の原因は様々であるとは言われていますが、代表的な原因としては包皮の先端部分と亀頭が癒着してしまって離れないと言ったことになります。
真性包茎は手術をするしか根本的な治療方法はなく、健康保険が適用されます。
最後にカントン包茎ですが、カントン包茎とは真性包茎の一部で起こってしまう症状を指している言葉になります。
平常時であれば、亀頭を露出させることが出来ても勃起すると露出することが出来ないと言ったようなタイプの包茎です。
包皮口と呼ばれる包皮の先端部分がせまく、勃起時に無理矢理、包皮をむいてしまうことで元に戻らなくなってしまうことがあります。
カントン包茎の治療は手術になるのですが、一部の場合では健康保険適用となります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ