包茎手術 種類

包茎手術の種類について

包茎手術の種類について

包茎手術にはどんな種類があるのでしょうか。
包茎手術と言っても、20年近く前までは機能面だけを考えた手術が一般的であり、術後の見た目などは二の次で手術が行われていました。
しかし、包茎手術の需要が高まってきたこともあり、技術も進化しており、近年では見た目にもこだわる手術が増えてきていると言っても良いでしょう。
ここでは、包茎手術の種類について幾つかの手術方法を紹介してみます。
中央部環状切開縫合手術とは、いわゆる旧式の包茎手術です。
長年行われている古い術式となる包茎手術であり、昔はこの手術が一般的でした。
術後の見た目が悪くなってしまうデメリットがあり、いわゆるツートンカラーと呼ばれるような、一目で包茎手術をしたことがわかるような痕が残ってしまうので、現在ではほとんど行われていない手術です。
クランプ法とは、本来は勃起をすることがない幼児が受けることを想定して開発された包茎手術です。
クランプと言う専用の器具を使用して行われる包茎手術です。
器具のサイズが最大で5つまでしかなく、旧式の手術と同様に手術跡が残ることが多いです。
根部形成手術は、陰茎の根元部分で余っている包皮を取り除く手術になります。
陰茎の根元を切除することで陰毛によって傷跡が隠れるのがメリットです。
しかし、真性包茎の場合は適用できない手術です。
仮性包茎の方で、あまっている包皮が少ないと言った方ですと、メスを使わないノン切開法と言われる手術で対応することがあります。
あまり見映えが良くないこと、簡略的な処置の為に時間経過とともに効果がなくなること、などのデメリットがあります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ